★セブ島の総合マリン・アクティビティセンター アクアマリン・オーシャンツアーズ。★

海中散歩シーウォーカー
●だれでも簡単に水中世界を体験できる、シーウォーカーへようこそ。 日本で生まれたヘルメットダイビング「シーウォーカー」は今や世界中に広まり、リゾート地の定番アクティビティになりつつあります。

小さなお子さまからお年寄りまで、だれでもご参加いただけるシーウォーカーをぜひご利用ください。

●このシーウォーカーがフィリピン・セブ島でも体験できるようになりました。 もともとセブ島はスキューバーダイビングから発展してきた島。海の透明度と熱帯魚の数では他のリゾート地には負けません。

 

シーウォーカーの特徴

「ライセンス無いけど?」いりません!

「難しい講習があるの?」ありません!簡単5分間の説明だけ!

「泳げないんだけど・・・」歩ける方ならだいじょうぶ!

「でもメガネ無いと見えないし・・」そのままでオーケー!

「ウェットスーツ持ってません。」水着だけでだいじょうぶ

「水が恐いんです。」顔は全くぬれないから安心してください。

「子供が小さいし」身長120センチから参加できます!

「もう年だから・・・」参加者の最高齢は88歳です!

カップルで、ご家族で、グループで、

忘れられないセブ島旅行の思い出を作りたい人なら、どなたでも大歓迎です。

 

seawalkerpic9
だれでもできる。
見てみよう。

 

やってみよう。

 

 

step.1 カンタン5分間のレッスン
seawalkerpic1
まずは、たった5分間のカンタンな説明です。 インストラクターが水中で注意することや耳ぬきのやりかた。 それから手を使ったサインを日本語でわかりやすく説明します。

●次にモーターボートに乗って沖合い150mにあるシーウォーカーのダイビングポイントに向います。

●たくさんの島々に囲まれたセブの海はとっても穏やかです。 シュノーケルマスクがなくても、サンゴや熱帯魚のいる海底まではっきりと見えますよ。

●船に乗っているのは、わずか1~2分くらいだから、船酔いするヒマもなく着いちゃいますね。

 

step.2 ボートに乗って出発!
seawalkerpic2
シーウォーカーのダイビングポイントは揺れの少ない大きな屋根つきの船です。 ここについたらまず、シャツを脱いで水着だけになって下さいね。

インストラクターがみなさんの水中で履くクツをお渡します。 海中で脱げないように、しっかりサイズを確認してくださいね。

ダイビングのライセンスも難しい練習も講習なし! なんと準備はコレだけです。

 

 

step.3 ヘルメットをかぶります。
seawalkerpic3
インストラクターの指示に従ってまずは肩の高さまで海につかって待っていただきます。 久しぶりに海に入る人は最初はちょっと冷たく感じるかも・・・

でもセブの海水の温度は年間通して27度くらい。 一度水中にはいってしまえば、寒さはほとんど感じませんよ。

さあ、リラックスしてね。インストラクターがシーウォーカーのヘルメットをかぶせます。

 

step.4 水は入ってきません。
seawalkerpic4
ドキドキ!
特殊設計された、シーウォーカーのハイテクヘルメットだから (あまりそうはみえないけど・・)顔はまったくぬれません。もちろんメガネだって、コンタクトだって、そのままでオーケーです。

海に遊びに行くのにバッチリお化粧している人だって大丈夫なんです。 それにヘルメットの下は開いているのに、海水は絶対に入ってきません。どうしてでしょう?

答えはかんたん! コップを逆さまにして水のなかにブクブクと沈めても中の空気はそのままですよね。

それと同じ原理です。さらに海上からは、ずっと新鮮な空気を送っているから、水の中に入っても息苦しさは全く感じませんよ。

 

step.5 ゆっくり潜ります。
seawalkerpic5 
ハシゴを降りま~す。
ヘルメットをかぶったらインストラクターと一緒にハシゴを一段一段ゆっくり降りて行きます。

このハシゴを降りると言うのがシーウォーカーとダイビングの違うトコロ。 船からドボン。と飛び込むのではなくゆっくりゆっくりと自分のペースで降りられるんです

この大人でも子供でもだれにでも対応できるシステムがシーウォーカーの人気の秘密なんですね

最初は恐がっていた人も、ちょっとでも水中に入れば視界が一気に開けるから、 すぐに恐さをわすれちゃいますよ。

 

ちょっと練習。耳抜きってなに?
★水中に潜って行くと耳に水圧がかかります。
車で山を登っていたり、飛行機が離陸したりするときに ちょっと耳がおかしくなる事ありますよね。
あれを解消するのが耳ぬきです。
耳ぬ抜きの方法は簡単です。パソコンの前でやってみてください。

①空気がもれないようにしっかり口をふさぐ
②同じくしっかり鼻をつまむ
③鼻をかむように思いっきり吹く。
どうですか?鼓膜が内側から押し出されるような感覚がありました?
これが耳抜きです。
↑ページトップへ↑

 

step.6 水中散歩
seawalkerpic6
なんか不思議な気分・・・。
下に着いたら、仲間が全員集まるのを待ってね。 待っている間には水中写真をとりますよ。 見ての通り歩くだけだから、泳げなくたってぜんぜんオーケーなんです。

水中では浮力が働くから、なんかフワフワする感じで足が上手く地面につかないんです。行ったことはないけど、きっと宇宙飛行士が月に立つとこんな感じなのでは?

サンゴに住み着いているのはクマノミやスズメダイの仲間たち。 手がふれられるくらい近くでゆっくり観察できますよ。

 

step.7 魚にエサをあげましょう。
seawalkerpic7
すご~い!魚いっぱい!
さあ、熱帯魚のエリアにとうちゃ~く。 インストラクターがみなさんに魚のエサを配ります。 たくさんのお客さまに言われました「もっと魚は少ないと思っていたよ!」

あまりの魚の多さにびっくりして下さい。 絶対にあなたの期待以上です! 多すぎてとなりの人が見えなくなるほどたくさんの熱帯魚たちが、みなさんを熱烈に歓迎してくれますよ。

実はこのポイントで写真を撮らないのは、あまりに魚が多すぎて顔が全く見えなくなってしまうから。 周囲360度が熱帯魚で埋め尽くされる感動は忘れられません。

 

step.8 もう忘れられない!
seawalkerpic8
はい。チ~ズ!!
おおげさではなく、この体験は一生忘れられなくなります。 さあ帰る前に写真を撮りましょう。思い出がずーっと残るように。 だれですか?かっこ悪いとか言っているのは?

ダイビングだったらマスクをかぶっちゃうから、 誰だか分からなくなっちゃうけど、シーウォーカーなら顔がはっきりと映るから安心ですね。アルバムに貼ってずっと残しましょう。

 

↑ページトップへ↑
なぜアクアマリンなのか?
「実は・・・」 フィリピン国内に「この手」の海中散歩は5ヶ所もあるのですが・・・
アクアマリンでの参加者は他の4ヶ所を全部あわせたのと同じくらいに多いのです。その理由とは?
最高のロケーション

マクタン島の海岸線はちょっと特殊な地形をしています。

アクアマリンはそのちょうど中央部の熱帯魚のとても多い場所にあります。

ここより北側だと潮の流れが強くて初心者には厳しいし、ここより南側だと遠浅のために魚が少なくなります。

まさに絶妙のロケーションなわけですね。

ショップの近くにポイントを置くのではなく、 まずポイントを選びその近くにショップを置くという発想なのです。

揺れが少ない。

基点となるステーションですが、よくあるタイプの1点固定のボート型だと波や風の影響を大きく受けてしまいます。

これに比べてアクアマリンのステーションは海底4点固定型。

大きくしっかりしているので揺れがもっとも少ないタイプです。

つまり船酔いになりにくい!初めての人に優しい!これとても大事!

水中もたっぷり。

ほとんどのお客さまが水中に入るのが初体験ですもの。

アッと言う間に終っちゃうのは残念ですものね。

10分とか15分くらいが多い中でアクアマリンはたっぷり25分をとっています。

キャパシティーが大きい。

ピークシーズンの時や団体でも安心。

最大12人まで同時に潜れるのが強みですね。

(混んでることもあります。あらかじめリクエストをお願いします。)


拡大して見る。
無事故でありつづける実績
ほんとうに大切なのは安全と安心。見栄えを追わず見えないところの手を抜かないことで信頼を獲得してきました。シーウォーカーは運用実績により製造者責任保険(PL)も完備し、旅行会社からも大きな信頼をいただいています。ヘルメット潜水は人の命に関わる重要な器材です。無認可の類似品にご注意下さい。
JTB パンフレット掲載
ST Worldパンフレット掲載 HIS パンフレット掲載

 

シーウォーカーについてのよくある質問とお答え。

 

シーウォーカーに参加するのに何が必要ですか?

まず、必要なのが水着とサンダルになります。タオルは無料で貸し出しておりますが、ご自身でも小さめのタオルをお持ちいただければいろいろと便利ですよ。水中で履いていただくアクアシューズはご用意してあります。

それから日焼け止めですね。セブの直射日光はとっても強烈です。甘く見て焼いてしまうと、夜になっても背中が痛くて眠れなくなってしまいますよ。

また、使い捨ての防水カメラがあればぜひお持ちください。 旅の思い出をフィルムに収めましょう。

ツアー参加中に注文されるドリンクはお帰り前に清算となります。小額の紙幣をご用意ください。


自分だけで潜るんですか?それともだれかが一緒に潜ってくれますか?

もちろん私たちのベテランインストラクターがご案内します。インストラクターは水中で皆さんをガイドする他にも安全面に気を配り、常に皆さんをサポートします。

インストラクターはみな3000回以上のダイビングの経験がありますのでご心配なく。仮に水中で何か困ったことがあっても、インストラクターに任せておけばだいじょうぶ。指示にしたがってゆっくり行動すれば危険は全くありません。


小学生の子供と祖父、祖母がいますが、いっしょに潜れますか?

基本的に健康で歩ける方なら誰でもオーケーです。ただし、条件として身長120センチ以上とさせていただきます。また両手足が自由に使えて、インストラクターの説明を完全に理解できる年齢であることが条件となります。

おじいちゃん、おばあちゃんも大丈夫ですが、持病などがある場合は出発前にお医者さんに伺ってくださいね。

またいちばん大切なのは「本人に参加する意思があるかどうか」です。まれにお子さまはあまり乗り気でないのに、ご両親が「潜らせたい一心で」無理に説得するケースがあります。お子さまに潜る気がないと、説明を受ける時も注意が散漫になり、水中での危険が発生します。

お子さまの場合は体格よりも、どちらかと言うと「勇気をもって潜れるか?」が重要です。6才の女の子でもスイスイと潜ってしまうこともあれば、直前になって恐くなって泣き出してしまう10才の男の子もいます。勇気をだして頑張れるかな?


↑ページトップへ↑

近視でメガネが無いと何も見えません。?ダメでしょうか?

ヘルメットの内側は全くぬれませんから、メガネやコンタクトレンズ、サングラスもかけたままで大丈夫です。お化粧も落ちません。メガネをかけたままで良いと言うのがスキューバーダイビングと違って楽な点ですね。
インストラクターなんかはお客さまが魚にエサをあげている間に水中でバナナとかを食べてますよ。その気になればタバコも吸えると思います。(まだ試した人はいませんが・・・)


説明は受けるのでしょうか?日本語ですか?かんたんに理解できますか?

日本人インストラクターによる日本語での説明です。インストラクションボードを見ながら一緒に進めていきますので だれでもかんたんに理解できます。

主な説明は4つ
①水中でのハンドサイン
②耳抜きの仕方 (後の項で詳しく説明しています。)
③水中への入り方
④水の中でしてはいけないこと (はしゃぎすぎることや、サンゴを保護する事など)

内容はだれでもかんたんにわかることですが、説明を真剣に聞いていただけない場合やルールを守っていただけない場合は参加をご遠慮いただくことがあります。


もし挑戦して潜れなかったらお金は戻してもらえますか?

シーウォーカーに挑戦したにもかかわらず、何らかの原因で潜るのを断念してしまう人もいます。(例えば耳抜きができなかった、直前で怖くなってしまった、など。)

残念ですがご返金はできません。


現在妊娠4ヶ月です。シーウォーカーはできますか?

妊娠期間に関わらず妊婦さんは参加をご遠慮いただいています。ごめんなさい。でも今は生まれてくる赤ちゃんのために我慢しましょうね。


↑ページトップへ↑

3歳の子供がいます。潜れないと思いますが、船まで連れて行けますか?
グループの中に潜らない人もいます。一緒に行ってもいいですか?

基本的に5歳以下のお子さまは入場が無料です。ジェットスキーやバナナボートなど、シーウォーカー以外のマリンスポーツも全て無料になります。ただし、ランチを追加される時は別途かかります。

ご両親が水中にいる間は私たちのインストラクターと一緒に魚をみたり、お魚にエサをあげたりして待っていられます。スタッフが1人つきますからご心配なく。

ご両親が海中散歩に参加される場合は、お子さまを見ていただくために、お父さん、お母さんが別々に潜っていただくこともできます。

またグループの中に潜らない人がいても、一緒に船に乗ってシーウォーカーのポイントまで行けます。追加の料金などは一切かかりません。


 

すごく深い所まで行くのでしょうか?ちょっと心配です。

潮の満ち干きにもよりますが、水深は4メートルから5メートルくらいです。透明度の高いセブ島の海ですから、このくらいの水深ですとじゅうぶんに明るく、地上にいるのとほとんど変りません。 また、水深が浅いので体への影響もごく小さく心配ありません


熱帯魚やサンゴは本当にたくさん見れますか?

本当にたくさん見れます!シーウォーカーのダイビングスポットはセブでも有名な「タンブリ・フィッシュフィーディング」に面しています。水中では一緒に潜った人が見えなくなるほどたくさんの熱帯魚たちが皆さんをお待ちしています。

足元をよく見ていただければ実にたくさんの種類の魚がいるんですよ。 サンゴも手が届くほど側まで近寄れます。(でも本当にさわらないようにね。サンゴは長い年月をかけて育ってきた生き物です。さわって壊してしまわないよう私たちも注意しています。)


シーウォーカーの写真が欲しいです。カメラを持って水中に入れますか。

防水カメラがあればぜひお持ちください!思い出をたくさんフィルムに残しましょう。残念ながら普通のカメラはご利用にいただけません。水につかったとたんに壊れてしまいます。 頭の上に縛っていれば、水中まで持っていくことは可能ですがヘルメットの中で撮影すると、フラッシュが反射して何も写らなくなってしまいます。

もし防水カメラがなければ、私たちの写真撮影サービスをご利用ください。追加1200ペソにてうけたまわります。防水のデジカメで約20~30枚を撮影し、CDに焼いてお渡しします。


↑ページトップへ↑

なんでヘルメットの下が開いているのに水が入ってこないんですか?

う~ん。そうですね。こういうのを想像してみてください。コップを逆さまにして水の中にブクブクと沈めても中の空気はそのままですよね。あれと同じ原理です。 「それじゃーひっくり返ったら空気がもれちゃうじゃん!」と思った方・・・正解です。 でもヘルメットは重心が中心に設計されていますので、実は水中でひっくり返るのは大変なんです。自分から転ぼうとしない限りは安全です。

もちろん新鮮な空気がホースを通して常に送られてきています。「それじゃーホースがからんだり切れたりしたら空気が止まっちゃうじゃん!」と思った方・・・また正解です。でもホースは絡まらないように設計されていますし、インストラクターが頻繁にホースのよじれを直しています。


ヘルメットの中の空気が無くなってしまうことはないのですか?

空気が無くなってしまうと大変に危険なのですが、常にホースを通して新鮮な空気を送っていますから、空気が無くなることはありません。

もし万が一、機械に故障があり空気の供給が止まってしまったとしても、予備タンクからの空気で4~5分は行動できます。さらに予備タンクの空気を使い果たしてしまっても、ヘルメットの中に残っている空気で2分くらいは行動できます。これだけの時間があれば全てのお客様が余裕をもって浮上できます。

(私たちの避難訓練では6人が約2分で全て浮上できました。)


身内に障害者がいます。彼も参加できますか?

両手両足が自由に使えることと、スタッフの説明が完全に理解できることが条件になります。日本を出発する前にお医者さんに確認してみてください。過去にも障害者の方に潜っていただいたこともございます。 くわしくはお問い合わせください。


生まれつき耳が聞こえません。こんな私でも大丈夫?

耳が聞こえない事としゃべれない事はまったく問題ありません。シーウォーカーの説明用ノートを読んでいただければ大丈夫です。耳抜きがしっかりできれば大丈夫です。別項の耳抜きを練習してみてください。

以前にも耳が聞こえない方にも潜っていただきました。耳が聞こえないぶん真剣に筆談での説明に取り組んでいただいたので、何の心配もありませんでした。


↑ページトップへ↑

耳抜きってなんですか? 私でもできますか?

水中に潜るとどうしても耳に水圧がかかります。これを調節してあげるのが耳抜きです。車で山を登っていたり、飛行機が離陸したりするときに、なんか耳がおかしくなる事ありますよね。あれのもうちょっと強いものだと思ってください。

耳抜きの方法は簡単です。パソコンの前でやってみてください。
①空気がもれないようにしっかり口をふさぐ
②同じくしっかり鼻をつまむ
③鼻をかむように思いっきり吹く。
どうですか?鼓膜が内側から押し出されるような感覚がありました? これが耳抜きです。ただし人によっては耳に病歴があり、耳抜きができない人もいます。


以前にダイビングに挑戦しましたがダメでした。シーウォーカーはどうでしょう?

ダイビングに挑戦してダメだった人の多くは耳抜きが上手くできなかった人と、シュノーケルが上手く使えなかった人がほとんどです。

まず、耳抜きですがシーウォーカーはダイビングと違い耳と水の間に空気がありますから、ダイビングに比べて耳抜きはとっても楽にできます。もちろんシュノーケルをくわえる必要もなく、そのまま呼吸するだけですから心配いりません。


同伴者はどこで待っていればいいのでしょうか?

ご一緒にボートに乗っていただいてシーウォーカーをするダイビングサイトでお待ちいただけます。小さなお子さまなどはお魚にエサをあげたりしてお待ちいただけます。

またプールやビーチでお待ちいただいても結構です。


↑ページトップへ↑